CRVO

CRVOの病態・疫学

CRVOの治療

網膜中心静脈閉塞症の治療

循環障害、黄斑浮腫、あるいは血管新生が治療対象となり、これらの改善あるいは予防により、視力の改善あるいは安定化を目的に治療が行われます。
循環障害に対しては、循環改善、血栓溶解、抗凝固を促進する薬物療法がありますが、いずれも無作為化比較対照試験による有効性は証明されていません。一方、黄斑浮腫に対しては、無作為化比較対照試験により有効性が証明されているVEGF阻害薬の硝子体内投与が主流となっています。CRVOに伴う黄斑浮腫の主な原因はVEGFの過剰産生と考えられ、VEGFとVEGF受容体の結合を阻害するVEGF阻害薬により、黄斑浮腫と黄斑浮腫による視力低下の改善が期待できます。ただし、現在使用されているVEGF阻害剤はVEGFの産生は阻害しないので、VEGFが過剰に産生される限り、継続的な投与が必要と考えられます。
また、血管新生に対しては、リスクが高い虚血型では治療だけでなく予防目的としても汎網膜光凝固が行われます。

網膜中心静脈閉塞症の治療
網膜中心静脈閉塞症の治療

ページの最上部に移動

ようこそEylea.jpへ

このサイトは、弊社の医療用医薬品である眼科用VEGF阻害剤を
正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。
医療関係者の皆様に適正使用の推進ならびに安全性に関する情報を提供しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。

医療関係者の方へ

こちらは、医療関係者のためのページです。
あなたは医療関係者ですか?