mCNV

mCNVの病態・疫学

mCNVの診断

病的近視における脈絡膜新生血管の診断

mCNVは検眼鏡検査、フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)やインドシアニングリーン蛍光眼底造影(ICGA)などの蛍光眼底造影検査、光干渉断層計(OCT)検査所見によって診断します。

  • フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)
    造影初期からType 2型CNVに特徴的な明瞭な過蛍光を示し、時間経過とともに、(後期には)病変部からの色素漏出がみられますが、色素漏出は通常軽度でwAMDでみられるほどのものではありません。
  • インドシアニングリーン蛍光眼底造影(ICGA)
    CNV周囲にdark rimやlacquer crackがみられることが多く、CNV自体の過蛍光はわずかです。
  • 光干渉断層計(OCT)
    CNVは網膜色素上皮上の隆起病変として描出され、通常周囲に軽度網膜下液を伴います。wAMDと比べて滲出性変化が軽度なため、網膜下液や網膜浮腫が少なく、網膜色素上皮剝離もほとんどみられません。

佐柳 香織, Pharma Medica 2013; 31: 71-74.

病的近視によるCNVとAMDによるCNVの違い

mCNVは若年者にも多く、社会的経済的にも重要な疾患です。AMDによるCNVと比較して、mCNVは平坦で小さく、出血や浮腫等の滲出性変化も軽度であるとされています。

  病的近視におけるCNV AMDにおけるCNV
年齡 若年者 高齢者
性別 女性に多い傾向 女性に多い傾向
(日本では男性に多い)
形態学的特徴 病変の大きさ 小さい 大きい
網膜出血 わずか あり
硬性白斑 しばしば認められない あり
感覚網膜剥離 軽度かつ限定的 広範
色素上皮剥離 なし あり
随伴所見 Lacquer crack
限局性萎縮病変
ドルーゼン
色素性病変

Neelam K, et al., Progress in Retinal and Eye Research 2012; 31: 495-525.より改変

病的近視における脈絡膜新生血管(mCNV)と単純型黄斑部出血の違い

mCNVとよく間違われやすい病態に単純型黄斑部出血があります。単純型黄斑部出血は、ブルッフ膜の機械的断裂であるlacquer crack形成に伴い、脈絡膜毛細血管が障害されて生じる出血です。CNVはなく、無治療でも出血は徐々に吸収され、視力は改善することが多いとされています。OCTでは、CNVと同様の網膜下隆起病巣を呈しますが、FAでは出血によるブロックのみであり、出血内部にCNVに由来する過蛍光を認めないことから鑑別診断が可能です。

大野 京子, あたらしい眼科 2012; 29: 1209-1215.

ページの最上部に移動

ようこそEylea.jpへ

このサイトは、弊社の医療用医薬品である眼科用VEGF阻害剤を
正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。
医療関係者の皆様に適正使用の推進ならびに安全性に関する情報を提供しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。

医療関係者の方へ

こちらは、医療関係者のためのページです。
あなたは医療関係者ですか?