wAMD

wAMDの病態・疫学

AMDとは

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性(AMD; age-related macular degeneration)は、加齢に伴い網膜黄斑部に異常をきたした疾患の総称で、「滲出型」と「萎縮型」があります。どちらも視力に強く影響する疾患で、黄斑変性症としては日本における視覚障害の原因の第4位です。
「萎縮型」は加齢に伴って徐々に黄斑部組織が破壊され、長い期間をかけて視力の低下が進みます。
一方「滲出型(wAMD; wet-AMD)」は、網膜脈絡膜からの血管新生により、黄斑部に浮腫や炎症を伴う病変が発生し、急激な視力低下が起こります。

日本における失明原因

加齢黄斑変性の疫学

AMDは今後増加が予測される疾患ですが、現在のところ日本における正確な統計データはありません。久山町研究の結果※によると、1998年の調査では50歳以上のAMD有病率は0.9%(滲出型は0.6%)だったのに対し、2007年の調査では1.3%(滲出型は1.2%)に増加していました。これを日本の50歳以上の総人口に換算すると、1998年の有病者数は約37万人、2007年の有病者数は約69万人と推定され、約10年間で2倍の増加を示しており、中でも進行の早い「滲出型」の増加が顕著と考えられます。高齢化が進んでいることも勘案すると、今後も患者数は増加を続けると推測されます。

※ Yasuda M, et al. Ophthalmology. 2009; 116(11): 2135-2140.

加齢黄斑変性の病因(→wAMDの病態

神経網膜の環境を保持する役割を担っている網膜色素上皮(RPE)細胞は、加齢によって代謝が減退し、次第に代謝残渣(ドルーゼン)を蓄積します。ドルーゼンによる慢性的な刺激により、RPEからVEGF(血管内皮増殖因子)が分泌され、炎症反応や血管新生が起こり、AMDの病態が進行すると考えられています。

加齢黄斑変性の症状

初期は中心暗点、変視症、視力低下、進行すると、不可逆的で高度な視力低下が認められます。

加齢黄斑変性の症状

ページの最上部に移動

ようこそEylea.jpへ

このサイトは、弊社の医療用医薬品である眼科用VEGF阻害剤を
正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。
医療関係者の皆様に適正使用の推進ならびに安全性に関する情報を提供しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。

医療関係者の方へ

こちらは、医療関係者のためのページです。
あなたは医療関係者ですか?