wAMD

wAMDの病態・疫学

wAMDの治療

治療には下記の方法が臨床的に実施されています。現在の主流の治療法である「抗血管新生療法」について、詳しく紹介します。

  • 抗血管新生療法(VEGF阻害薬による治療)
  • 光線力学的療法(PDT; photodynamic therapy)
  • レーザー凝固術
  • 手術
    • - 新生血管抜去術
    • - 黄斑移動術
  • その他
    • - 経瞳孔温熱療法(TTT; transpupillary thermotherapy) など

抗血管新生療法

wAMDの発生と進行に強く関与しているとされるVEGFの作用を阻害する「VEGF阻害薬」によって、眼内の炎症、網膜黄斑部の浮腫や血管新生を消退させ、視力の維持を目的とした治療法です。

抗血管新生療法

VEGF阻害薬は投与後一定期間VEGFの作用を阻害し、病変を退縮させますが、この状態を維持するためにはくり返し投与を行う必要があります。
しかし、比較的侵襲性が低く、視力の維持効果が高いため、現在主に用いられている治療法です。

監修:東京女子医科大学 眼科学教室 主任教授 飯田 知弘 先生

ページの最上部に移動

ようこそEylea.jpへ

このサイトは、弊社の医療用医薬品である眼科用VEGF阻害剤を
正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。
医療関係者の皆様に適正使用の推進ならびに安全性に関する情報を提供しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。

医療関係者の方へ

こちらは、医療関係者のためのページです。
あなたは医療関係者ですか?