nAMDの病態

滲出型加齢黄斑変性(nAMD)ではさまざまな要因によって、主に網膜色素上皮細胞より、VEGFファミリー(VEGF-A、PlGF、VEGF-B)が慢性的に過剰分泌されます。VEGFファミリーが炎症細胞や血管内皮細胞に発現しているVEGF受容体に結合することで、血管新生や炎症、浮腫が引き起こされます。

Alt tag


監修:北海道大学 大学院医学研究科 眼科学分野 教授 石田 晋 先生

炎症・血管新生に対するPIGFおよびVEGF-Bの関与

  • PlGFはVEGFR-1に結合し、モノサイト/マクロファージ系白血球の走化因子として働く1)
  • PlGFは、脈絡膜新生血管の形成に関与する2)
  • PlGFは、虹彩新生血管の形成に関与している可能性がある3)
  • PlGF、VEGF-B、およびそれらの受容体は、ヒト脈絡膜新生血管に発現している4)
  • VEGF-Bは、正常発生における血管成長には必須でないが、病理的新生血管の生存に重要であり、眼内血管新生の治療ターゲットになりうる5)

 

1)
Clauss M, et al.: J Biol Chem 1996;271:17629-17634
2)
Rakic JM, et al.: Invest Ophthalmol Vis Sci 2003;44:3186-3193.
3)
Boyd SR, et al.: Arch Ophthalmol 2002; 120:1644-1650.
4)
Otani A, et al.: Microvasc Res 2002;64:162-169.(利益相反:本論文の著者にBayerより謝礼および研究費を受領した者が含まれる。)
5)
Zhang F, et al.: Proc Natl Acad Sci USA 2009;106:6152-6157.

VEGF(vascular endothelial growth factor):血管内皮増殖因子

PlGF(placental growth factor):胎盤成長因子

AMD(age-related macular degeneration):加齢黄斑変性

VEGFR-1(vascular endothelial growth factor receptor-1):VEGF受容体-1

VEGFR-2(vascular endothelial growth factor receptor-2):VEGF受容体-2

RPE(retinal pigment epithelium):網膜色素上皮

動画でみるnAMDの病態

動画でみるnAMDの病態