診療サポート

 

Ophthalmology WEBカンファレンス

アイリーアに関連するWEBカンファレンスのスケジュールや講演プログラムなどを掲載しています。

開催1時間前にリンクが有効になります。トラブル発生時には再度接続しなおしてください。

開催情報

ID/パスワードは、案内チラシまたは弊社担当者からのご案内メールをご覧ください。
分からない場合は弊社担当者に直接お問い合わせください。
講演プログラム
マニュアル
トラブルシューティング
技術的な質問

WEBカンファレンススケジュール

日時 講演タイトル 演者
2020年2月25日(火)
18:00-18:30
抗VEGF薬のエビデンスを活かした治療戦略 in DME

[演者]
香川大学医学部眼科学教室 教授

鈴間 潔 先生

2020年4月3日(金)
19:00~20:00
nAMD治療におけるアイリーアの新提案 in 2020 [座長]

兵庫医科大学 眼科学講座 主任教授

五味 文 先生

講演1:これからのT&E -Q12/Q16*、そして休薬(仮) [演者]

済生会福岡総合病院 眼科 主任部長

大島 裕司 先生

講演2:視力とFluidの関係性 -SRFを科学する-(仮) [演者]

名古屋市立大学大学院 医学研究科 視覚科学 准教授

安川 力 先生

2020年4月21日(火)
19:00~20:00
nAMD治療におけるアイリーアの新提案 in 2020 [座長]

名古屋大学大学院 医学系研究科 眼科学 教授

寺﨑 浩子先生

講演1:患者負担軽減(Q12/Q16*)を目指したこれからの個別化治療戦略(仮) [演者]

滋賀医科大学 眼科学講座 教授

大路 正人 先生

講演2:AMD大規模臨床試験からわかるこれからの再発管理 -視力とIRF/SRFの関係-(仮) [演者]

関西医科大学 眼科学教室 主任教授

髙橋 寛二 先生

*用法・用量
中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性
アフリベルセプト(遺伝子組み換え)として2mg(0.05mL)を1か月ごとに1回、連続3回(導入期)硝子体内投与する。その後の 維持期においては、通常、2か月ごとに1回、硝子体内投与する。なお、症状により投与間隔を適宜調節するが、1か月以上あけること。
※事前テスト配信
 視聴環境に問題がないことを確認いただくため、前日までに必ずテスト配信の視聴をお願いいたします。
テスト視聴はこちら
(PC)
テスト視聴はこちら
(スマートフォン・タブレット)

ページの最上部に移動

このサイトは、弊社の医療用医薬品である眼科用VEGF阻害剤を
正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。
医療関係者の皆様に適正使用の推進ならびに安全性に関する情報を提供しております。
ご利用の際は、必ず 注意事項 をお読み下さい。

医療関係者の方へ

こちらは、医療関係者のためのページです。
あなたは医療関係者ですか?