眼の構造と黄斑(おうはん)

目に入った光は、水晶体(すいしょうたい)などで屈折し、網膜(もうまく)に達した後、脳で認識されます。カメラにたとえると、水晶体はレンズ、網膜はフィルムのはたらきをしています。

ものが見える仕組み
ものが見える仕組み

網膜を正面からみると、ほぼまん中に、黄斑とよばれるほかの部分より少し黄色く見える部分があります。
黄斑はものの詳細を見分けたり、文字を読んだりするのにとても大切な場所です。
さらに、黄斑の中心は中心窩(ちゅうしんか)とよばれ、視力にもっとも重要な場所です。