病的近視における脈絡膜新生血管(みゃくらくまくしんせいけっかん)の治療法

病的近視における脈絡膜新生血管に対して、現在行われている主な治療法は以下のものがあります。

抗VEGF薬(こうブイイージーエフやく)治療

病的近視における脈絡膜新生血管の発生にはVEGF(ブイイージーエフ)という物質が関与しています。そのため、VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。アイリーア®による治療も抗VEGF薬療法と言います。

網膜(もうまく)光凝固術

レーザー光線を網膜の新生血管のあるところに照射し、新生血管の成長を止めます。

黄斑(おうはん)移動術

黄斑の中心部にある「中心窩」を移動させてしまう手術法です。

新生血管抜去術

網膜の一部を切開して、新生血管を直接抜き取ってしまう手術です。