糖尿病黄斑浮腫

糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫おうはんふしゅとは

 糖尿病網膜症は、糖尿病で血糖値が高い状態が続くことにより起こる合併症で、三大合併症と呼ばれる代表的な合併症のひとつです。
 長い期間、血糖値の高い状態が続くと、網膜にはりめぐらされている細かい血管(毛細血管)が傷ついたり、つまったりして起きる病気です。病気の初期では、見え方に変化はありませんが、放っておいて病気が進行すると、ゆがみや見えないところが現れます。
 糖尿病黄斑浮腫は、網膜の細い血管にコブができたり、血管から血液中の成分がもれだし、それが網膜内にたまっている状態です。そのため、ものの詳細を見分けたり、文章を読んだりするのにとても大切な場所、「黄斑おうはん」がむくんでしまい、ものが見えづらくなります。

正常な状態 糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫
PP-EYL-JP-0615-10-01