糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症は、単純網膜症→増殖前網膜症→増殖網膜症と進行します。

単純網膜症

毛細血管がやぶれ始め、血管にコブができたり(毛細血管瘤(りゅう))、出血したりします(点状出血)。また、やぶれた血管から、血液や血液中の成分がもれだします。

増殖前網膜症

血管の障害が繰り返されることで血管壁が厚くなり、血管が狭くなったり、つまったりして(血管閉塞)、血液が網膜に十分に流れなくなる(虚血(きょけつ))状態です。

増殖網膜症

虚血になると、網膜では、新しい血管が作られます(新生血管)。新生血管はもろく、壊れやすいので、出血を起こすことがあります。また、硝子体(しょうしたい)に膜ができ、その膜が収縮して硝子体と網膜を癒着(ゆちゃく)させ、網膜を引っ張り、網膜剝離(はくり)を引き起こすこともあります(牽引(けんいん)性網膜剥離)。

黄斑浮腫(おうはんふしゅ)はいずれの病期においても合併することがあります。

専門医のための眼科診療クオリファイ

専門医のための眼科診療クオリファイ:16 糖尿病眼合併症の新展開.白神 史雄編. 1 網膜症 池田 誠宏 著 中山書店,17-23,2013より改変

見え方の変化

黄斑浮腫が起こると、網膜がむくみ、出血が起きることもあります。そのため、かすんで見えたり、見えないところができたり、ゆがみが生じたりします。

かすんで見える
ゆがんで見える・見えない部分がある