糖尿病黄斑浮腫(おうはんふしゅ)の治療法

糖尿病黄斑浮腫に対して、現在行われている主な治療法には以下のものがあります。

抗VEGF薬(こうブイイージーエフやく)治療

糖尿病網膜症に伴う糖尿病黄斑浮腫には、VEGF(ブイイージーエフ)という物質が関与しています。そのため、VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。アイリーア®による治療も抗VEGF薬治療です。

ステロイド薬治療

ステロイド薬には炎症を抑える作用があります。そのため、ステロイド薬を目に注射して、黄斑のむくみを抑えるようにします。

レーザー光凝固

①直接光凝固
血管にできたコブや血液成分がもれだしている血管にレーザー光線をあて、焼き固めます。
②格子状凝固
むくみのあるところに、格子状にレーザー光線をあて、むくみを改善します。

硝子体(しょうしたい)手術

網膜剥離(はくり)や硝子体出血が起こっている場合に行われる手術です。眼の中の出血を止め、異常な組織を取り除いたり、はがれた網膜を元に戻したりします。