糖尿病黄斑浮腫

自己チェック

 ご自宅でもアムスラーチャートを使って、自己チェックをすると、見え方の変化にご自分で気が付くことができます。
 ふだんは両眼でものを見るので、片眼の変化には気が付きにくく、片眼ずつチェックすることが重要です。

自己チェック

血糖管理目標

 よりよい血糖コントロールは、糖尿病の治療だけではなく、合併症を遠ざけるためにも大切です。HbA1cは7.0%未満をめざしましょう。長期にわたって血糖コントロール不良であった場合には、急激な血糖値の低下により、網膜症が悪化する場合があるので、眼科医とも相談しながら、よりよい血糖コントロールをめざしましょう。

血糖コントロール目標

日本糖尿病学会編・著:糖尿病治療ガイド2016-2017,P27,文光堂,2016

血圧管理目標

 血圧のコントロールも糖尿病合併症の発症・進行に有用です。
 収縮期血圧130mmHg未満、拡張期血圧80mmHg未満をめざしましょう。

糖尿病網膜症の病期に応じた推奨眼科検診頻度

 糖尿病網膜症の初期は、自覚症状がほとんどないことも少なくありません。早期発見は早期治療に繋がります。主治医の指示に従って、定期的な眼科の診察を受けましょう。

[受診間隔の目安]

網膜症なし・・・6~12ヵ月に1回
単純網膜症・・・3〜6ヵ月に1回
増殖前網膜症・・・1~2ヵ月に1回
増殖網膜症・・・2週間~1ヵ月に1回

日本糖尿病学会編・著:糖尿病治療ガイド2016-2017,P80,文光堂,2016

受診間隔の目安

糖尿病眼手帳

 日本糖尿病眼学会から、無料で「糖尿病眼手帳」が発行されています。
 糖尿病網膜症についての解説のほか、眼科や内科の診療内容や検査結果を記入することもできます。
 ご希望の方は、眼科の主治医にご相談ください。

糖尿病眼手帳
受診の記録
PP-EYL-JP-0615-10-01