血管新生緑内障(けっかんしんせいりょくないしょう)の治療法

汎網膜光凝固術(はんもうまくひかりぎょうこじゅつ)(PRP(ピーアールピー); panretinal photocoagulation)

基本の治療です。網膜にレーザーを照射して新生血管ができるのを予防します。できてしまった新生血管を減らす目的でもおこなわれます。

抗VEGF(ブイイージーエフ)薬(アイリーア®

VEGFの働きを抑えて新生血管を縮小させることにより、眼圧(がんあつ)を下げる目的で投与されます。

 

前緑内障期におけるアイリーア<sup style="font-size:0.8em;">&reg;</sup>の有効性および安全性は確立していません。
そのため、前緑内障期に対してアイリーア<sup style="font-size:0.8em;">&reg;</sup>の使用は推奨されません。

薬物療法(眼圧下降点眼薬、全身性眼圧下降薬)

眼圧を下げる目的で投与されます。局所作用の点眼薬、または全身性の薬があります。

 

緑内障手術(線維柱帯切除術(せんいちゅうたいせつじょじゅつ)、チューブシャント手術、毛様体凝固術(もうようたいぎょうこじゅつ))

房水(ぼうすい)の流れを改善させる、あるいは、房水の産生を低下させることにより、眼圧を下げる目的で行います。

 

硝子体手術(しょうしたいしゅじゅつ)

硝子体に出血がある場合などに行われることがあります。硝子体出血の除去や硝子体の切除をおこないます。