網膜静脈分枝閉塞症(もうまくじょうみゃくぶんしへいそくしょう)とは

網膜静脈分枝閉塞症は、網膜(もうまく)の静脈(血管)が詰まっている状態です。主に網膜の動脈と静脈が交差している部分に血栓ができ、血管が詰まります。
網膜の静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫(おうはんふしゅ))を起こします。

正常な状態
網膜静脈分枝閉塞症

見え方の変化

網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)では、網膜の静脈が詰まってしまうため、網膜に出血やむくみ(黄斑浮腫)が起こります。そのため、視力が急に下がったり、ものが見えにくくなる、見えない部分があるなどの症状が出ます。特に黄斑(おうはん)部分に出血やむくみができると、かすんで見えにくくなったり、黒っぽく見える部分ができたりします。

急な視力低下・出血したところが黒っぽく見える