NVGの治療

血管新生緑内障の治療法

1.汎網膜光凝固術(PRP;panretinal photocoagulation)

網膜にレーザーを照射して新生血管の新生を予防します。既に発生した新生血管減少させる目的でも行われます。

2.抗VEGF薬

VEGFの働きを抑制し、新生血管を縮小させ、眼圧を下げる目的で行われます。

3.薬物療法(眼圧下降点眼薬、全身性眼圧下降薬)

眼圧を下げる目的で投与されます。局所作用の点眼薬、全身性の経口薬があります。

4. 緑内障手術(線維柱帯切除術、チューブシャント手術、毛様体凝固術)

線維柱帯切除術は 強膜を切開し、小さな孔を形成して、前房と結膜下組織の間に房水の流出を作る手術です。一方チューブシャント手術は極小のステントを眼内挿入し、房水流出促進経路を確保する手術です。毛様体凝固術は、房水を産生する毛様体にレーザーを照射し凝固させることで眼圧を下げる手術です。

5. 硝子体手術

硝子体に出血がある場合に行います。硝子体出血の除去や硝子体の切除を行います。

薬効薬理:NVGの病態におけるアイリーアの作用機序

監修:国立大学法人金沢大学医薬保健研究域医学系 眼科学 教授 杉山 和久 先生

国立大学法人金沢大学附属病院 眼科 病院臨床教授 東出 朋巳 先生

 

Alt tag

 

*1
血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor)
*2
胎盤成長因子(placental growth factor)
*3
血管内皮増殖因子受容体1(vascular endothelial growth factor receptor 1)
*4
血管内皮増殖因子受容体2(vascular endothelial growth factor receptor 2)