加齢黄斑変性

加齢黄斑変性かれいおうはんへんせいになりやすい人

 加齢黄斑変性は年を重ねると誰にでも発症する可能性がありますが、発症のリスクを高めるのは、加齢だけでなく、喫煙や太陽光なども関係していると報告されています。
 これらのリスクを高める要因を避けることは、加齢黄斑変性の発症を予防し、進行を遅らせると考えられています。

危険因子
PP-EYL-JP-0615-10-01