病的近視と眼の変化

強度近視では、眼の前後の長さが伸びているため、近視の度数が高度に強くなります。前後に伸びた眼では、網膜(もうまく)や脈絡膜(みゃくらくまく)が後方へ引き伸ばされ、さまざまな眼底(がんてい)の病気を伴います。この状態を病的近視といいます。
病的近視では、視力の低下だけでなく、ものがゆがんで見えたり、視野に暗いところが出来たり、黒い線やピカピカするものが飛んで見えたりすることがあります。

イメージ
病的近視の進行