病的近視と脈絡膜新生血管(みゃくらくまくしんせいけっかん)

病的近視では、眼球が前後に伸びているため、眼球の形が変化しています。特にものを見るために重要な黄斑(おうはん)などが機械的に引っ張られていることにより変形し、さまざまな病的近視特有の病変を起こしてきます。
黄斑に出血を起こしたり、新生血管という病的な血管(脈絡膜新生血管)が発生して、出血やむくみが起こることがあります。

正常な状態
病的近視における脈絡膜新生血管

見え方の変化

脈絡膜新生血管が起こると、新生血管からの出血や、もれ出た血液成分(滲出液)があるため、見えない部分ができたり、ゆがみが生じたりします。

ゆがんで見える・見えない部分がある