眼の基本構造

虹彩(こうさい)はいわゆる“くろめ”の部分で、網膜(もうまく)に入る光の量を調節しています。虹彩の周辺部位には隅角(ぐうかく)と呼ばれる場所があります。

眼の中は房水(ぼうすい)と呼ばれる液でみたされています。房水には、眼に栄養分を与えたり、眼圧(がんあつ)を保つ役割があります。

眼の基本構造