血管新生緑内障とは

血管新生緑内障は、虹彩(こうさい)や隅角(ぐうかく)にできた新生血管によって、房水(ぼうすい)の流出がさまたげられ、それによって眼圧(がんあつ)が上がってしまい、視神経が圧迫される病気です。

虹彩や隅角にできた新生血管が房水の流出をさまたげるようになります

虹彩や隅角にできた新生血管が房水の流出をさまたげるようになります

房水の流出がさまたげられることにより眼圧が上がり、
視神経が圧迫され、視力・視野が悪化します

房水の流出がさまたげられることにより眼圧が上がり、視神経が圧迫され、視力・視野が悪化します